身の回りに増えるシェア経済でさらに変化していく価値の在り処のはなし | イイノの業務日報 放送後記#12

PR

今日は12回目の放送でした。お聴きいただきました皆様ありがとうございました。新装開店した原口商店のシェアカフェ*エイエイオーのオープニングイベントに遊びに行ってきたこともあり、シェア経済のお話をさせていただきました。

シェアカフェ*エイエイオーは熊谷市本町にできたシェアキッチンです。4名の建築士のみなさんが運営されています。

放送前に色々とウェブサイトを検索しながらシェアに関する資料を読み込んでいたのですが、古くから習慣として存在する「共有」するという感覚が現在の技術と結びついたことで、出来あがっているサービスが本当にたくさんあることがわかります。

印象的だったのは、シェアキッチンのイベントに近辺の商店街の会長さんらしき方々が建築士の皆さんに挨拶にいらっしゃり、熱心に会話をされていた姿です。シェアがコミュニティの卵を産み落とした瞬間を見た気がしました。

金の切れ目が縁の切れ目ならば、シェアの繋ぎ目はコミュニティが生まれ出る裂け目、といったところでしょうか。

放送でご紹介した書籍、「シェア」と「フリー」はこちらです。

次回の放送でお会いしましょう。

MOTHER SHIP
飯野泰弘