四国ブランチの篠原です。
6月4日付の埼玉新聞に、弊社代表飯野の記事が掲載されました。

以前、D&Departmentと熊谷市の市民ライタープロジェクト
d design travel WORKSHOP KUMAGAYAにて、
旧市立女子校を改装した「熊谷市スポーツ・文化村くまぴあ」を紹介しました。
「熊谷らしさ」のある施設を紹介するにあたり苦労しましたが、
その際の想いについて書かせていただいております。

「らしさ」とは何でしょう。
一から作り直すわけでも、全てを元の形のまま残すわけでもない。
破壊と創造の絶妙なバランスの上に過去の記憶が宿り、
「らしさ」が滲み出るのではないでしょうか。

今後も「らしさ」を追求し「伝える」活動は継続していきますので、よろしくお願いいたします。